海と山、人とのふれあい──のんびり暮らし体験  ~福山市の体験型修学旅行~

観 光


阿伏兎観音

およそ、1000年前の正歴3年(992年)頃に花山法皇により創建されたと伝えられ、海の安全を祈願する観音様が祀られています。岬の岩頭に建つ朱塗りの観音堂は、その美しさから安藤広重(歌川広重)の浮世絵や志賀直哉の「暗夜行路」などにも紹介されており、今も瀬戸内の自然と調和した見事な景色をつくり出しています。現在、観音堂は国の重要有形文化財に指定され、安産・子育ての観音様として信仰を集めています。


やぶ椿と水仙の里

sightseeing_suisennosato-300x200樹齢300年のやぶ椿と10万本の水仙が一面に咲く「やぶ椿と水仙の里」。1~2月下旬に見ごろをむかえます。隣ではヤギも飼われ、目の前に広がる瀬戸内の風景と共に心を癒してくれます。


憩いの森

sightseeing_ikoinomori内浦山の憩いの森からは西は内海大橋、東は岡山の島々や四国大陸が見渡せる絶景ポイントの一つです。また、桜の名所でもあり、春には満開の桜と共に瀬戸内の風景が楽しめます。


ふくろうの花畑

小高い丘の雑木林を開墾してつくった花畑。4月頃には一面の芝桜が咲きほこります。カフェも併設され芝桜や穏やかな海を眺めながらゆっくり過ごすことが出来ます。ふくろうの作品も展示・販売や石絵の創作教室も開催されています。


ほりだし観音堂

sight_spot_horidashi-200x187村の古老が海から引き揚げたと言われ、この観音様がだんだん大きくなり続けているという噂が…。

 

お気軽にお電話ください TEL 084-986-3561 平日9:00〜17:00

PAGETOP
Copyright © 福山まるごと体験推進協議会 All Rights Reserved.